最近は、多くの人がサプリメントを食事の補助として活用しているといいます。いつサプリメントを飲むと、栄養吸収に最も都合がいいものなのでしょう。サプリメントには、摂取時間が書かれていないものが多いといいます。どの時間で飲めばいいか、迷いがあるという方もいます。食品として販売されているサプリメントは、薬と異なり、飲む時間が指定されるような類のものではないとされてるわけです。ですが、サプリメントによっては、どの時間に飲めば一番いいというものがあります。サプリメントは、一日の必要な量を、2、3度に分けて摂取することが前提になっています。カルシウムや、マグネシウムなどのアルカリ性のサプリメントは、食事中や、食事が終わってから2〜3時間後に摂取すると効果が高いと言われています。アルカリ性のサプリメントは、胃酸で中和される可能性があるからです。大抵のサプリメントは、食後すぐに飲む方法がおすすめです。食事をしながらサプリメントを摂取しても、食後に飲む場合と同様の効果が得られると言われています。この飲み方をするのは、マグネシウムやカルシウムを含むミネラルサプリメントです。ビタミンA、D、Kは脂溶性ビタミンであり、食後や食事中がおすすめです。コエンザイムQ10やDHAも該当します。脂溶性のビタミンは、油分に溶ける性質がありますので、油脂を含む食事との併用が効果を発揮します。サプリメントごとにどんな特性があるかを理解した上で、食事の時間帯との兼ね合いをとりしまょう。